Artglorieux アールグロリュー

Artglorieux アールグロリュー

Exhibitions
 過去の展覧会 

『杏』 蟹江 杏 20周年新作展
2018年3月29日(木)→ 4月4日(水)

版画家 蟹江杏は、初個展から数えて20年目を迎えました。

強くしなやかに伸びる線と圧倒的に鮮やかな色彩。
見るものを柔らかくつつみこむ心地よさ。
そして、余韻としてほのかに残る儚さ。
それはまるで太陽のような強さと、星のような優しさを持ちます。
蟹江杏作品は、誰しもの心に問いかけ奥底にある物語を呼び起こし魅了します。

蟹江杏のアーティストとしての歴史の中に記憶されたもの、
出会ったもの全てが共鳴しあい生まれた作品を、「杏」と題した今展で発表します。
作家 蟹江杏の新しい世界を是非ご高覧ください。

蟹江 杏 Kanie ANZ
版画家。 東京生まれ。「NPO法人3.11こども文庫」理事長。
「自由の森学園」卒業。
ロンドンにて版画を学ぶ。

- 主な展覧会 -
● 美術館
2017年  ANZ 蟹江杏 作品展 「世界、或いは万物への眼差し」 軽井沢現代美術館 長野
2016年 「夏の夜の夢」 蟹江杏 絵本原画展 伊豆高原ブライアン・ワイルドスミス絵本美術館 静岡

● 個展・企画展
2008年~2012年 銀座あかね画廊 東京
2007年     小田急百貨店 新宿店 アートサロン
2008年~2013年 大丸東京店・神戸店 美術画廊
2013年~2017年 東京国際フォーラム フォーラムアートギャラリー
2013年~2017年 「蟹江杏 個展」 ヒルトピアアートスクエア(東京)
2016年     企画展「絵本アート展」 藤屋画廊(東京)
その他、三越伊勢丹、髙島屋など全国有名百貨店にて催事多数

● 著書
2011年 あんずリズム アスラン書房
2011年 ふくしまの子どもたちが描く、あのとき、きょう、みらい。 徳間書店
2014年 あんずのアリスBOOK 講談社
2016年 夏の夜の夢 ラボ教育センター
2017年 あんずとないしょ話 東海教育研究所
他多数

● その他
新宿区・練馬区・日野市をはじめ各地の都市型アートイベントにおいて、こどもアートプログラムのプロデュースやコーディネートを手がける。アートワークショップなど、全国の子どもたちとアートをつなぐ活動を行なっている。東日本大震災以降は、「NPO法人3.11こども文庫」理事長として、被災地の子ども達に絵本や画材を届ける活動や、福島県相馬市に絵本専門の文庫「にじ文庫」を設立するとともに、同市の「LVMHこどもアートメゾン」(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・グループ提供)でのアートワークショップをプロデュース。文部科学省復興教育支援事業としての、コーディネーターをつとめている。また、BMW ジャパンのエコカー「i3」のキャンペーンカーや、JTA(日本トランスオーシャン航空)のイリオモテヤマネコ・デカール機など、企業とのコラボレーションも多数手がけている。