時代をつくるアーティストたち

Jaded Sunshine

松山智一
Jaded Sunshine
店頭販売
作品番号
15
税込価格
¥1,265,000-
部数
ed.75
制作年
2019
サイズ
D73㎝
その他

ミクストメディア シルクスクリーン 真珠光沢顔料 ハイグロス

I LOVE IT
詳しく作品説明を聞きたい方は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。 追って担当者よりご対応させていただきます。
ARTIST
松山智一(Tomokazu Matsuyama)

1976年生まれ、25歳の時にアート経験ゼロから渡米、2019年にはキース・ヘリングやバンクシーらが名を連ねるニューヨーク随一の壁画「パワリー・ミューラル」に作品を描いた注目のアーティスト。この様子は「情熱大陸」でも取り上げられた。
「古典と現代」「東洋と西洋」など、相反するものを1つの画面の中に集約させることで現れる複雑さと曖昧さが松山の作品の魅力。ビル・ゲイツやドバイ王室も彼のコレクターである。2020年7月、JR新宿駅東口に巨大なパブリックアート、彫刻<花尾>を手掛けた。

COMMENTS
大丸松坂屋百貨店 小川 貴司
(アートバイヤー)

国内外のオークションでも急激に価格が上がっている松山智一の作品です。描かれている木々や花々、鳥たちは、まさしく古典の日本画のようですが、鮮やかな色彩や背景処理、グラフィックデザインが見事に融合し、現代的な作品になっています。