Artglorieux アールグロリュー

Artglorieux アールグロリュー

Exhibitions
  過去の展覧会  

現代の印象派 ギィ・デサップ展
9月5日(木)→9月11日(水)

「パリ、グランブールバール」 8号 油彩 「ジヴェルニー」 15号 油彩 「パリの夜」 10号 油彩 「ラ・セーヌ・ア・サモア」 6号 油彩
華やかで伝統的な都パリや大都市ニューヨークなど、光溢れる美しい街並を独自の技法で情緒豊かに描くギィ・デサップ。
モネやルノワールなど世界中で愛されている印象派の流れを汲み、華やかでありながら安らぎに満ちた風景を描く彼の作品は、輝く光の宝石箱と評され、ヨーロッパはもとよりアメリカや日本でも多くのファンを魅了し、世界各地で絶賛されています。
<点描によって描かれる一瞬の光>
印象派の画家たちは、時間とともに変化する自然の印象を瞬間的に捉えようとしました。その表現方法の一つに点描があります。絵具をパレットの上で混ぜずにカンバスに点々と置くことにより、観る人の中で色の点が混ざり合い、くすみのない色彩が作り出されるとう美術史上において革新的なものでした。
デサップは、この点描に自ら創案したユニークな技法を取り入れ、現代の印象派と呼ばれる独自の作風を生み出しました。