Artglorieux アールグロリュー

Artglorieux アールグロリュー

Exhibitions
  過去の展覧会  

Sobun Taka Exhibition 「九谷想造」
2019年1月24日(木)→1月30日(水)

「FULL BLOOM」 (磁器、銅に銀メッキ) 12.0×15.0×高さ11.5cm

この度 Artglorieux GALLERY OF TOKYO にて個展を開催させていただく事になりました。
私は90年余り続く九谷絵付工房に生まれ、伝統に埋もれ、名工に囲まれて育ちました。
消えつつある九谷希少伝統技法を継承し、その糸を紡ぎ後進に伝えることを使命と思い制作を続けております。
今回はその思いと技術を駆使した新しい九谷想造を皆様に楽しんで頂けたらと思います。
新しいスタイルの華麗で繊細な九谷をご高覧いただけましたら光栄です。

九谷光崖窯 高聡文

三代光崖 高 聡文 / Sobun Taka
1986年(S61)大阪芸大を経て九谷焼技術研究所
1987年(S62)日展初出品初入選 以後入選を重ねる
日本新工芸展初出品初入選 以後連続入選
1995年(H7) 現代美術展 北國賞受賞
2003年(H15)日本新工芸展 審査員就任
第67回一水会展 硲記念賞受賞
2007、2008年(H19、20)一水会展佳作賞受賞
2011年(H23)日本伝統工芸展入選
2012年(H24)日本伝統工芸支部展 金沢市長賞受賞
創作集団「九谷塾」塾長として国内外に作品を発表
2015年(H27)ウィーン、ドバイ、広州にて個展を開催
ウィーンマスターピースコレクションにアジア人初招聘される
2018年(H30)景徳鎮九谷巨匠展に招聘
司馬遼太郎記念館 「菜の花鉢」記念品制作
国内、海外での個展多数
九谷焼技術研究所教授として後継者の育成に努める